空き巣 防止

スポンサードリンク


空き巣に入られると、自分や家族の大事にしている貴重品が取られることはおろか、一番は心理的ショックがでかいでしょう。またくるのでは?など心穏やかではなくなると思います。ここではそのようなことが起きないように空き巣の防止、対策方法をみていきましょう。

・一戸建て

まず一戸建ては、その性質から、ドア、そして窓が多いので、泥棒が侵入しやすいところがいろいろあります。一番多いのが窓ガラスを破壊して入る。ついで、鍵の閉め忘れによるものです。これは自分が気をつけることによって未然に防げるものなので気をつけましょう。

窓ガラスを壊しての侵入などに関しては、近所の方などの人の目がつきやすいように塀などは低いほうがいいでしょう。あとは、補助錠、防犯シート、センサーライト、防犯カメラなどを備えておくといいでしょう。犯人にも家は設備が万全と思わせるのも大切なことです。

・マンション

マンションは、一戸建てとは異なってきます。ここはその性質上玄関から泥棒が入るといったケースが一番多いです。いわゆるピッキングによる侵入ですね。マンションといってもドア錠の形状などさまざまですので、入りやすいもの、入りにくいものいろいろあります。ピッキング対策として、簡易なシリンダーではすぐ開けられてしまうので、ここを強固なものにするのは大事なことです。

また鍵をひとつでなく、2つ以上というふうに、補助錠をつけてやると、空き巣に入りにくくなり、このようなところを犯人は嫌がります。マンションなどの集合住宅においても1階にある窓やベランダにおいては、補助錠をつけてやると安心できるでしょう。

スポンサードリンク

空き巣 注意点(時間帯など)

空き巣に入られないようにする、普段の心がけや注意点などを紹介していきましょう。

・狙われる時間帯

やはり買い物にいったとき、昼寝をしている午後。またその家の入りやすい時間帯をあらかじめ調べているかもしれません。そういった時間には、以下で紹介する事項には十分気をつけましょう。

・合鍵を悟られないようにしましょう。

安易にポストやブロックの下などわかりやすいところに保管するには止めましょう。

・鍵は間違いなく閉めていきましょう。

ちょっとした外出や買い物などでも施錠はしましょう。犯人はこういう時間を見計らってる可能性もあります。

・登りやすい足場になるものを置かない

脚立、木箱などどうぞ入って下さい。というものは絶対に置かないように気をつけましょう。

・長期不在は注意する

ポストに新聞が溜まらないように注意が大切です。泥棒に留守を知らせることになります。その際は、新聞屋に止めてもらいましょう。